2008年06月10日

しょくさいす de ぴくるす


『 夏の、ぴくるす生活 』 DSC03890.jpg



      
          夏の おやさい なんでも ぴくるす
DSC03845.jpg DSC03880.jpg DSC03786.jpg



。。。ぴくるすの作り方。。。
 お野菜を食べやすい大きさにカットして、サッと湯通しして食菜酢に漬ける。

。。。ぴくるすのお野菜。。。
(6・7・8月)
きゅうり ふき うめ たけのこ きゃべつ 新にんにく らっきょう
ぴーまん おくら せろり ぱぷりか みょうが 新しょうが いんげん 
さやえんどう えしゃれっと 等々…。。。

 ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

       食菜酢で 手軽に食べきりの 『ちいさな ぴくるす』


posted by no.888 at 11:32| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

しょくさいすdeどりんく

『お酢ドリンクを作るのに、ここがいい食菜酢』

*食菜酢だけで、作ります。
*食菜酢には、上質な塩(塩分)と上質な蜂蜜(糖分)が入っています。
 この、梅雨時や夏には 2つとも、とても大切な栄養素です。
 だるさや、運動の後には、最適なドリンク♪
 塩分も糖分も、出来れば安心で良いものを口にしておきたい…。。
 食菜酢なら、その大切な一口が全て上質のもので作られていますので、
 安心していただけます。
 そして、なにより簡単に、作れますので、お試し下さい!!

  『ちょっぴり、しょっぱく あまく すっぱい 食菜酢ドリンク♪』
posted by no.888 at 12:41| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青梅deピクルス

梅雨と同時に、1年のうち1度の梅作業が始まります。
まずは、最初に出回る青梅で、簡単に梅ピクルスを作ってしまいましょう!!

     DSC03978.jpg

 ●材料2人分 

@  青 梅      500g(青くて固いもの)
A   食菜酢      300〜500cc  
B   塩       100g
C  煮沸消毒した保存瓶 

●作り方
@ 青梅はキズがつかない様に丁寧で水で洗います。
  キズや斑点がある梅は省いて下さい。
A たっぷりの水に3〜4時間つけておきます。(あくを抜くホシを取りやすくする。)
DSC03772.jpg
B ザル等にあけ水気をしっかりと取り、なり口のホシを竹串等でとり除く。
DSC03773.jpg DSC03774.jpg
* このとき、写真のような斑点が出た梅は使えませんので省いて下さい。
DSC03776.jpg
C 塩を少しずつ入れ、ゴロゴロと転がすように梅全体に塩をなじませていきます。
  そのまま3時間程度、置くと水気が出るので水気をしっかり取りボール等に移す。
DSC03778.jpg DSC03779.jpg DSC03848.jpg
D 食菜酢を沸騰寸前まで火にかけ、熱いうちに青梅にかけまわし冷ます。
DSC03850.jpg
E 冷めたら、保存瓶に移して置く。(1日1回、梅を転がすように揺する。)
DSC03884.jpg DSC03885.jpg 1週間後このようになります
 
* 1週間〜ピクルスも召し上がれますが、置けば置くほど両方とも美味しく召し上がれます。1ヶ月を目安にするとよいでしょう。

【料理のポイント】 



食菜酢注文フォームはこちら
●no.888(number three eight)0476−97−5895
印西市小林北5−10−8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 11:34| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレープフルーツdeお酢ドリンク

グレープフルーツの香りたっぷりの、お酢ドリンク。
この時期はぜひ、赤の食材 ピンクグレープフルーツを選んで下さいne!!
      DSC03962.jpgDSC03967.jpg

 
●材料2人分 

@  グレープフルーツ  2個(ピンクグレープフルーツ)
A   食菜酢       300〜500cc  
B  保存用の瓶(煮沸消毒して冷ましておく。) 

●作り方
@ グレープフルーツのカワを剥き、
  薄皮ワタを出来るだけ奇麗に取り4等分に切ります。
DSC03781.jpg
A 煮沸消毒しておいた瓶に、グレープフルーツを入れ、食菜酢をドボドボと入れます。
DSC03882.jpg
(この時の分量ですが、グレープフルーツの大きさによって、かなりの差がありますので、グレープフルーツがかぶる程度の量でよいです。)
-------
* 1日一回、瓶を混ぜる様に、ゆする。
* 5日〜1週間程度で飲み頃になります。1週間すぎたら果実は取り除いてください。
* 5倍程度に、氷等で薄めてお飲み下さい。

漬かったプリプリのグレープフルーツも、食べて下さいne。
     DSC03967.jpg 


【料理のポイント】 白いワタが残りすぎていると、苦味の原因になりますので、取り除いて下さい!!



食菜酢注文フォームはこちら
●no.888(number three eight)0476−97−5895
印西市小林北5−10−8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 11:01| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

きりこぶと旬のサラダ

新玉葱、きゅうりdeサラダ!!

        DSC03764.jpg
           

●材料2人分 

@ きりこぶ(すきこぶ)  200g程度(市販の1パック程度です)
A きゅうり         1本
B たまねぎ         1個
B 食菜酢          適量

●作り方
@ たまねぎをスライスして、食菜酢に漬けておきます。
DSC03745.jpg 
A ボールに、短冊切りにした、きゅうりを入れます。
B きりこぶを湯通しして良く湯を切り、きゅうりの入ったボールに入れます。
DSC03746.jpg
C 熱いうちに、漬けておいたタマネギを汁ごと入れます。
DSC03747.jpg → DSC03749.jpg
D 平らな容器に移し、お酢が全体に絡むようにします。15分後から食べごろになりますが、こぶの色が変わってくる頃だと、柔らかく食べやすくなります。
DSC03761.jpg


*今回は、玉葱を丸ごと漬けてあったため、それを活用しました。
DSC03664.jpgDSC03667.jpgDSC03668.jpg

*玉葱を漬けていない場合は、きゅうり玉葱きりこぶは同時期で大丈夫です!!
こうして、時間がある時に、玉葱を漬けておくとサラダや肉料理などにもすぐに使えて便利です!!

【料理のポイント】 



食菜酢注文フォームはこちら
●no.888(number three eight)0476−97−5895
印西市小林北5−10−8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 09:17| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海藻ピクルス(きりこぶ&茎わかめ)

酢こんぶです。見た目少し悪いですが、、、これが意外に美味しい。お菓子の酢こんぶを想像していただければ!!
       DSC03924.jpg
                      DSC03902.JPG

●材料2人分 

@ きりこぶ(すきこぶ)  100g程度(市販の1パックの半分程度です)
A 茎わかめ        100g程度(市販の1袋の1/3程度です)
B 食菜酢          適量

●作り方
@ 茎わかめは、食べれる状態までは、市販のものに従って下さい。
(水につけ、塩抜きするもの又は、そのまま利用出来るものとそれぞれあります。) 
A 茎わかめが調理出来る状態になったら、きりこぶと一緒にサッと湯通しします。
B 良く湯を切り、ボール等にあけて全体に、お酢が絡む様にする。
C さめたら、保存容器に移し、しばらく置く。


*3時間ぐらいたつと、色が少し変わりますが、美味しく召し上がれます。
お酢に、海藻の香りがつきますので、和風のドレッシング等がおすすめです。

『海藻納豆』身体によさそうな食材ごちゃ混ぜに、健康ワンカップ!!
DSC03902.JPG
『ピクルスサラダ(酢の物和え)』
海藻ピクルス 大根ピクルス ゴーヤピクルス
DSC04019.JPG
『ピクルスサラダ』
キャベツの千切り、きゅうりのスライス 海藻ピクルス 大根ピクルス、ゴーヤピクルス。お好みのドレッシングでお召し上がり下さい。
DSC04017.jpg

【料理のポイント】 湯通しする事で、歯ごたえが良くなりますので、必ず湯通ししてください。



食菜酢注文フォームはこちら
●no.888(number three eight)0476−97−5895
印西市小林北5−10−8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 08:20| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とまときゅうり

トマトときゅうり旬な今、とりあえず漬けておけば、サラダに、冷やし中華に、海鮮と和えてマリネ風サラダにと、色々と大活躍します。                         
      DSC03670.jpg            

●材料2人分 

@ トマト     2個
A きゅうり    2本
B 食菜酢     適量

●作り方
@ トマトときゅうりを食べやすい大きさに切ります。
A 食菜酢をかけて、しばらく置きます。


*そのまま食べても、冷やし中華の具としても使ったり、色々活用できます!!
DSC03682.jpg

【料理のポイント】 玉葱なども一緒に漬けておくのもよいでしょう!!



食菜酢注文フォームはこちら
●no.888(number three eight)0476−97−5895
印西市小林北5−10−8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 08:14| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二十日大根のピクルス

鮮やかなピンクに染まる二十日大根(英名:ラデシュ)のピクルス。酸味と大根の甘みたっぷりのポリポリ食感!!
                         DSC03801.jpg

      DSC03930.jpg            

●材料2人分 

@ 大 根    白5本 赤5本  
A 食菜酢     適量

●作り方
@ 大根を奇麗に洗い、泥や汚れを落とします。 
(写真は葉をつけたままですが、この時に葉を切り落としてもよいでしょう。)
A 沸騰したお湯に、サッと湯通しします。
DSC03804.jpg
B 良く湯を切りボール等に移し熱いうちに食菜酢を浸るぐらいに、かけまわして冷まし置きます。
DSC03805.jpgDSC03812.jpgDSC03877.jpg

*3時間ぐらいたつと、色が写真の様にピンク色に落ちてきます。白い大根も、うっすらピンクに染まります。
 『ピクルスサラダ(酢の物和え)』
大根ピクルス 海藻ピクルス ゴーヤピクルス
DSC04019.JPG

【料理のポイント】 湯通しする事で、歯ごたえが良くなりますので、必ず湯通ししてください。



食菜酢注文フォームはこちら
●no.888(number three eight)0476−97−5895
印西市小林北5−10−8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 07:38| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新にんにくのピクルス

新にんにくならではの食べ方、サッパリおつまみで!! 漬けておけばドレッシングにも使えます!!
       DSC03824.jpg

      
●材料2人分 

@ にんにく    1玉
A 食菜酢     適量

●作り方
@ ニンニクの薄皮を剥きます。
DSC03718.jpg
A 下の根の部分を切り落とし、写真のような状態にしておきます。
DSC03721.jpg
B 沸騰したお湯に、サッと湯通しします。
DSC03723.jpg →DSC03724.jpg
B 良く湯を切りボール等に移し熱いうちに食菜酢を浸るぐらいに、かけまわして冷まし置きます。
DSC03725.jpg → DSC03726.jpg
C 冷めたら、保存容器に移します。1日程度置いてからが食べごろになります。
DSC03729.jpg

『その他の活用編』
* 香りのついた漬けた汁(ニンニク酢)を使って、実は細かくみじん切りにしてドレッシングにして下さい!!
* 肉の下味に、ニンニクをスライスして使って下さい。
* 焼いたお肉の、ソースとしてニンニクとニンニク酢を使って下さい。

【料理のポイント】 湯通しする事で、歯ごたえが良くなりますので、必ず湯通ししてください。



食菜酢注文フォームはこちら
●no.888(number three eight)0476−97−5895
印西市小林北5−10−8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 07:06| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴーヤのピクルス

ゴーヤの香り苦味が引き立つ、さっぱりゴーヤのピクルスです。 苦味が苦手な方は少し無理かも〜!?
     DSC03915.jpg

●材料2人分 

@ ゴーヤ     半分 
A  塩      適量
B 食菜酢     適量

●作り方
@ ゴーヤを縦半分切り、わたと種を取り出し、3mmぐらいにスライスします。
A 塩をまぶしアワが出るまでよく欲もみ水気が出てきたら絞ります。
DSC03816.jpg
B 保存容器に入れ、食菜酢を浸るぐらいにかけまわします。
DSC03836.jpg → DSC03875.jpg 

*3時間ぐらいたつと、色が少し変わりますが、美味しく召し上がれます。

【料理のポイント】酢漬けにするといっそう苦味酸味が出ます。塩揉みする事で、苦味や灰汁が少なくなりますので、必ず作業して下さい。


食菜酢注文フォームはこちら
●no.888(number three eight)0476−97−5895
印西市小林北5−10−8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 06:34| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

とまとスープ

とまとカップでくり抜いたトマトをそのままスープに!!

       DSC03233_2.jpg

●材料2人分 

@ トマト     くり抜いた部分
A 食菜酢        適量


●作り方
@ 鍋にトマトを入れます。
DSC03227_2.jpg
A お玉等で、少し潰して弱火にかけます。
DSC03229_2.jpg
B 食菜酢を大1程度いれ出来上がりです。
(くり抜いた部分に、トマトを1個追加していれてもいいでしょう。)


この時の、味付けは 食菜酢だけで飲みやすく美味しく出来上がります。
以前10月に紹介した、即席トマトじゅうすも お試し下さい!!

             071001_1044〜01.jpg『即席とまとジュース』





【料理のポイント】 



●no.888(number three eight)0476−97−5895
食菜酢注文フォームはこちら
印西市小林北5−10−8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 12:43| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とまとカップ

トマトにギュギュと旬をつめこんで、うまみ凝縮で〜す!!
      DSC03258_2.jpg

●材料2人分 

@ トマト     中サイズ  6個
A 新玉葱     1個   (スライスにする)
B きゅうり    1本   (細切りにする)
C ハム      5枚   (細切りにする)
D 食菜酢     適量


●作り方
(トマトの下ごしらえ)
@ トマトのヘタの部分を切り落とします。
器にした時に、転がらないように反対側の頭の方のカワを少し平らにして器にします。
DSC03218_2.jpg
Aスプーン等で、中をくり抜きます。
DSC03220_2.jpg
(このくり抜いた部分のトマトは、スープやソースにして下さい。スープは次の『とまとスープ』で紹介します。)

(具材の下ごしらえ)
@ 切ったタマネギきゅうりハムを平たい容器に入れ、食菜酢をかけまわします。
時々かき混ぜながら、キュウリがしんなりする程度までしばらく置きます。(10〜20分)
DSC03209_2.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

@ 具材がしんなりしたら、トマトの器に具材を詰め込みます。
DSC03226_2.jpg DSC03257_2.jpg
A そこへ、食菜酢をかけていきます。トマトの器の中にたっぷり食菜酢を入れて下さい。
B 1時間以上置いて、食べごろになります。野菜の水分と食菜酢とでトマトの中は、美味しい汁気で一杯になります、パクッと一口で汁気と一緒に食べると美味しいでしょう。。黒胡椒やマヨネーズをかけても良いです。

『大きいなトマト編』
              DSC03264_2.jpg
 作り方は、同じです!! この場合はナイフとフォークを使って切って食べて下さい。

『残った、トマトの中の具材』
            DSC03311.jpg

具材として、つくった 玉葱きゅうりハムは、少し多めの分量で作っておいて、
そのまま 漬けてあると 次の日にでも、春雨サラダ等にそのまま使えます。

漬かった具材の汁に、しょう油、ごま油、黒胡椒を加え具材と春雨を和えるだけです。
 


【料理のポイント】 



●no.888(number three eight)0476-97-5895
食菜酢注文フォームはこちら
印西市小林北5−10-8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 12:25| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とまと&たまねぎ

新玉葱の旬を迎えます。新玉葱は瑞々しくて甘みとシャキシャキ感を生で楽しめる野菜。今を逃さず沢山食べましょう!!

     DSC03274_2.jpg


●材料2人分 

@ トマト     2個  (スライスにする)
A 新たまねぎ   1個  (厚めにスライスにする)
B 食菜酢     適量


●作り方
@ トマトと玉葱を保存容器に入れ、食菜酢をかけまわし、しばらく置きます。。
DSC03223_2.jpg
A 1時間〜食べごろになります。黒胡椒などをふってお召し上がり下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
応用編 (季節野菜をふんだんに入れ込んだサラダです。)
●トマト 玉葱の上にレタス、サニーレタス、キュウリなど旬の野菜を山盛りに重ねて食菜酢をかけてしばらく置きます。
DSC03225_2.jpg → DSC03265_2.jpg
●1時間ぐらいで、レタスがしんなりします。水分が出ますので、よく水分と酢を切って
黒胡椒をふって食べます。レタス等はお酢がしみますので、酸味がきつくなります。
その時は マヨネーズで和えるとまろやかになります!!


*新玉葱ではない玉葱を漬ける場合は、サッと湯通しして、お酢に漬けて下さい。
(湯通しする事で、しゃきしゃき感が残り歯ごたえがよくなります。)
 


【料理のポイント】 



●no.888(number three eight)0476-97-5895
食菜酢注文フォームはこちら
印西市小林北5-10-8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 11:40| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

とまと

トマトvs玉葱。食菜酢との相性が抜群な野菜。どちらが美味しいか未だに勝負つかず!! 今から7月ごろまでが旬です。
     DSC03255_2.jpg


食菜酢が、広まっていったのも 実はこのトマトが原点。。
  トマト農家の人もビックリ。。素材はそのままなのに食べやすくなると。
それから、口コミで、『こりゃ〜まずいトマトもうまくなる酢だ〜』と…広まっていきました。
 そして次に玉葱がうまい。。と幅広く野菜が美味しくなる事で少しずつ広まっていった食菜酢です!!



●材料2人分 

@ トマト    2個  
A 食菜酢     適量


●作り方
@ トマトを食べやすい大きさに切り、食菜酢をかけまわし、しばらく置きます。。
DSC03222_2.jpg

食菜酢をかけるだけですが、本当に美味しくなります。トマトの旨味はそのままですが、なにか 食べやすくなり 苦手なトマトもパクパク食べれます。

 


【料理のポイント】 



●no.888(number three eight)0476-97-5895
食菜酢注文フォームはこちら
印西市小林北5-10-8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 12:23| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いちご2

旬です。これは直売所ならではの箱外でしょうか(贅沢買い!!)
『加工用いちご』『ジャム用』等として箱売りしています。形がよくない物や熟しているイチゴです。  これは うちでは、ものすごーくお役立ちの、いちごです!! 
     
       DSC03201_2.jpg


『ジャム用と冷凍用にヘタをとってわけます!!』もちろんそのまま食べれる甘ーいイチゴも入っているので、それは普通に食べるようにわけます。
DSC03266_2.jpg

         『いちごじゃむ』DSC03268_2.jpg

●鍋にイチゴをいれます。
●砂糖はイチゴ40個ぐらいで大4です。(さとうはイチゴの甘さ等で変わってくるので煮詰めながら足していくとよいでしょう!! 時にはさとうなしで作れる程、甘いイチゴの時もありますので!!)
●水はイチゴに対して1割程度で中火で蓋は開けたまま煮立たせていきます。(イチゴの水分がかなりでます。)

DSC03268_2.jpg
レモンをひとかけ絞り、そのままアクを取って 15分程度、煮詰めていきます。
水分がなくなって、色が濃くなってきたら出来上がりです。
DSC03284_2.jpg



●no.888(number three eight)0476-97-5895
食菜酢注文フォームはこちら
印西市小林北5-10-8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 12:06| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いちご

旬です。これは直売所ならではの箱外でしょうか(贅沢買い!!)
『加工用いちご』『ジャム用』等として箱売りしています。形がよくない物や熟しているイチゴです。  これは うちでは、ものすごーくお役立ちの、いちごです!! 
     
       DSC03201_2.jpg


『ジャム用と冷凍用にヘタをとってわけます!!』もちろんそのまま食べれる甘ーいイチゴも入っているので、それは普通に食べるようにわけます。
DSC03266_2.jpg

『冷凍用』
DSC03267_2.jpg
小ぶりで、あまり熟してないものをヘタを取り冷凍します。

080121_1501〜01.jpg

DSC03278.jpg
ミキサーに 凍ったイチゴと牛乳ヨーグルト砂糖(練乳)をいれて、イチゴドリンクに!!


080121_1501〜01.jpg

080121_1500〜01.jpg 080121_1504〜01.jpg
凍ったイチゴを、このまま、かき氷機へ入れて練乳をかけてシャーベット!!







●no.888(number three eight)0476-97-5895
食菜酢注文フォームはこちら
印西市小林北5-10-8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 11:40| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ねぎ??

春野菜を探しに出かけたら、美味しそうな野菜発見!! 『ねぎ』と書かれたこの野菜。このエシャレットに似た部分を見ただけで、、、これは食菜酢だっと即買い。。。 んん いい感じに出来上がりました!! 

   DSC03211.jpg
酢漬け意外には、柔らかくて香りがよいネギですので薬味や納豆にも美味しい。 葉の部分は、アサツキのような、ワケギのような、葉までまるごと頂けます!!

       DSC03317.jpg



●材料2人分 

@  ねぎ    5〜6本 (下の部分のみ)
A  食菜酢   適量

●作り方
@ 沸騰したお湯に、サッとネギをいれザルにあけ水を切ります。
DSC03312.jpg
A 食菜酢をかけまわし、1時間以上置いて 食べごろになります。
DSC03313.jpg


【料理のポイント】 茹で過ぎは×、サッとお湯に通すだけで良いです。



●no.888(number three eight)0476-97-5895
食菜酢注文フォームはこちら
印西市小林北5-10-8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 11:20| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エシャレット味噌漬け

2月にエシャレットの酢漬けを紹介しましたが、味噌もやっぱり美味しい!!

        DSC03315.jpg


●材料2人分 

@ エシャレット 8本  
A 味噌     適量


●作り方
@ エシャレットの上の部分を切り落とし、味噌を絡めます。
DSC03316.jpg
漬けといっても、この程度の味噌に絡めるだけで充分です。
A 3時間以上置いて、食べごろになります。味噌は、洗い流さずに、適度に絡めたまま、そのままポリポリ食べましょう。



【料理のポイント】 



●no.888(number three eight)0476-97-5895
食菜酢注文フォームはこちら
印西市小林北5-10-8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 11:03| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たけのこ

今、旬です。とれたては、やっぱり焼きタケノコかなぁ〜!!  ポクポクあまーいタケノコになります。

      DSC03302.jpg

●材料2人分 

@ たけのこ   1本  灰汁抜きし茹でたもの
A おかか しょうゆ わさび
B (山椒葉 or  根三つ葉)

タケノコには山椒の葉ですが、旬の根三つ葉を添えていただくのも美味しく召し上がれます。
(根三つ葉はおひたしにして食べたりしますが、その根を切り落とした物を、水につけておくと又育ちます!!)
DSC03195_2.jpg



●作り方
@ タケノコを、パン焼きで7分〜8分焼きます。焼き目がつく程度に焼いて下さい。
A しょう油に おかかをまぶし、わさび醤油でお召し上がり下さい。


【料理のポイント】 



●no.888(number three eight)0476-97-5895
食菜酢注文フォームはこちら
印西市小林北5-10-8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 10:50| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あすぱら

今、旬です。今ならスジっぽい当たり外れ無く、下まで全部食べれます。この時期こそは、太〜いアスパラを選びましょう!!  やっぱり塩ゆで、茹でたてが1番。

         DSC03326.jpg
       
食べ初めのお子様に、ぜひこの時期を逃さず、茹でたてを4等分ぐらいにして1本渡してみて下さい!!       

●材料2人分 

@ アスパラ   5本 
A  塩     適量


●作り方
@ ピーラーで下の部分を剥く。
DSC03210_2.jpg
A 沸騰したお湯に、塩を多めに入れアスパラを入れ塩ゆでします。



【料理のポイント】 茹でる時に塩を多めに入れると甘みが増します。



●no.888(number three eight)0476-97-5895
食菜酢注文フォームはこちら
印西市小林北5-10-8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 


posted by no.888 at 10:34| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。