2008年04月25日

とまとカップ

トマトにギュギュと旬をつめこんで、うまみ凝縮で〜す!!
      DSC03258_2.jpg

●材料2人分 

@ トマト     中サイズ  6個
A 新玉葱     1個   (スライスにする)
B きゅうり    1本   (細切りにする)
C ハム      5枚   (細切りにする)
D 食菜酢     適量


●作り方
(トマトの下ごしらえ)
@ トマトのヘタの部分を切り落とします。
器にした時に、転がらないように反対側の頭の方のカワを少し平らにして器にします。
DSC03218_2.jpg
Aスプーン等で、中をくり抜きます。
DSC03220_2.jpg
(このくり抜いた部分のトマトは、スープやソースにして下さい。スープは次の『とまとスープ』で紹介します。)

(具材の下ごしらえ)
@ 切ったタマネギきゅうりハムを平たい容器に入れ、食菜酢をかけまわします。
時々かき混ぜながら、キュウリがしんなりする程度までしばらく置きます。(10〜20分)
DSC03209_2.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

@ 具材がしんなりしたら、トマトの器に具材を詰め込みます。
DSC03226_2.jpg DSC03257_2.jpg
A そこへ、食菜酢をかけていきます。トマトの器の中にたっぷり食菜酢を入れて下さい。
B 1時間以上置いて、食べごろになります。野菜の水分と食菜酢とでトマトの中は、美味しい汁気で一杯になります、パクッと一口で汁気と一緒に食べると美味しいでしょう。。黒胡椒やマヨネーズをかけても良いです。

『大きいなトマト編』
              DSC03264_2.jpg
 作り方は、同じです!! この場合はナイフとフォークを使って切って食べて下さい。

『残った、トマトの中の具材』
            DSC03311.jpg

具材として、つくった 玉葱きゅうりハムは、少し多めの分量で作っておいて、
そのまま 漬けてあると 次の日にでも、春雨サラダ等にそのまま使えます。

漬かった具材の汁に、しょう油、ごま油、黒胡椒を加え具材と春雨を和えるだけです。
 


【料理のポイント】 



●no.888(number three eight)0476-97-5895
食菜酢注文フォームはこちら
印西市小林北5−10-8(販売元責任者名:ひらの さとこ) 




posted by no.888 at 12:25| Comment(0) | 食菜酢deお料理(春*夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。